「2021年は、干支でいうと『辛丑(かのとうし)』の年です。木、火、土、金、水の陰陽五行でみると、丑は『土』の気にあたります。また『丑』の字は、ものとものを結びつける『紐』の字にも通じるので、『つながり』が開運のポイントになりますよ」

そんな人気占い師の水晶玉子さんが「2021年の金運アップの方法」を教えてくれた。

「土の年は、基本的にはお金は使うより貯めるほうが吉。多額でなくてもよくて、小銭貯金とかでOK。“ちりも積もれば山となる”という言葉を思い出してみて」

「辛(かのと)は金のイ。『ずっと持っていたい』『前から欲しかった』というものを身に着けることで、満足感を得られますし、心も癒されます。それが生きるモチベーションになります。 M.A