image1_3.jpeg

  平成も残り一週間となりましたね。
ゴールデンウィークの最中に新たな元号の『令和』になりますね。
どうも院長でございます。(*゜▽゜)ノ

ちょっと耳にした情報では、インド人に癌の罹患率が低いと聞きました。

カレーの香辛料が癌の抑制に効果があるようです。(⌒▽⌒;) オッドロキー
そんなわけで今週も行ってきました!!
札幌のスパイスカレー専門店「黒岩カリー飯店」です。
今月、これで3回目ですよv(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪
今回テイクアウトしたカレーは、『黒辛カレー』です。

どうですか??
真っ黒黒すけカレーですよ。ちょっとピリ辛です。
それではちょっとインドに癌が少ない事をお話ししますね。

インドではがん患者が少ない」ということ。特に胃がんに関しては、世界一、患者数
が少ないそうです。
 理由はやはりスパイス。カレーに含まれる多種多様なスパイスの中にがんに打ち克
つヒントが隠れているみたいです。
 ということで今回は、本場インドのスパイス活用法に着目したキーマカレーを考え
てみました。ポイントのスパイスは、独特の黄色を形成する元のターメリック(ウコ
ン)です。ターメリックにはクルクミンという成分が豊富に含まれており、これが肝
臓や胃の機能を改善させ、がん細胞の増殖を抑える効果があると言われています。さ
らに抗がんパワーを高める役割もあるとのこと。
  ますますカレーにはまっちゃいますね!!