サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、大詰めを迎えました。
優勝争いはフランス、ベルギー、クロアチア、イングランドの欧州勢4チームに絞り
込まれました。
どうも、院長でございます。
 サッカーのワールドカップも、いよいよ大詰めですね。
ネイマール(ブラジル)やメッシ(アルゼンチン)といった能力の高い選手を擁する
チームもありましたが、全て姿を消してしまいました。
欧州勢の4強独占は、なぜ起きたのでしょうか?
 4強各チームのメンバーを見ると、フランスがジルー(1メートル93)、ベルギーが
ルカク(1メートル90)、クロアチアがマンジュキッチ(1メートル90)、イングラン
ドがケーン(1メートル88)と、どのチームも上背が1メートル90前後あるFWを先発さ
せています。
「空中戦勝負になれば、伝統的に南米勢などよりも、体格のいい欧州勢に一日の長が
ある。
それが勝ち上がりに現れているのではないか」と思われます。
さあ、今年のワールドカップの優勝国はどこになるでしょうか?