皆さま こんばんは 新人の木下です

ますます寒くなってきた今日この頃ですが 今日は少し暖かさが戻りましたね⭐

小学生の頃から占星術などに興味があり20年ほどになりますでしょうか 今でも色々とやっている木下ですが

今日は冬至ということで 少し今、自然界がどのような動きになっているのかお話してみようと思います⭐

22日1時28分冬至を迎えました!

冬至は太陽黄経が270度に達するとき。
 
北半球では太陽の南中高度が最も低くなり、
もっとも昼が短くなる日です。
陰が極まり、太陽はひとつの「死」を迎え
ここから再生していきます。

太陽の力が弱まるとき、
わたしたちは内側の太陽・・・
自らの魂の輝きに気づくでしょう。

冬至は、わたしたちに静かな魂の旅をもたらします。

【今年の冬至に蒔いた種は
2020年12月ころひとつの収穫を迎えるでしょう!】

人生の神秘。
今年ほど人生の神秘に満ちる冬至はないかもしれません。

わたしたちはこれから3年間の旅で
人生の神秘に触れるでしょう。

すべては起こるべくして起こる。

ネガティブな現象
ポジティブな現象にとらわれないでください。

ポジティブもネガティブも同じ働きです。

何者にも揺らされない
その間の道があります。

真実の矢は
まっすぐにその間を飛び続けるでしょう。

道の脇には
さまざまな誘惑が「こっちへいらっしゃい」と手招きをします。

もちろん、そこへ立ち寄ることは自由です。
しかし、人はそうしたとき
忘れていきます。
自分がなぜここに来たのかを。

22日はこぐま座流星群の極大日でもあります。
こぐま座は現在の北極星を持つ星座。

天球の目印でもある北極星。
北極星はあなたの魂の「目印」でもあります。
そして、同時にわたしたち全員の目印でもあります。

行く先がわからなくなったとき
空を見上げてみてください。
北極星はあなたの揺らぎないものを思い出させるでしょう。

その北極星からの祝福を受けて
新しい旅が始まります。
約束の地で会いましょう。

これから迎える時間は、
バンジージャンプのようなものかもしれません。

足を結んでいるものは何でしょうか?
それは自分への信頼です。

信頼が揺らいだとき戻ってくる指標。
この冬至は、そんな指標になるでしょう。

はい。
ということで、ちょっとわかりずらいこともあるかもしれませんが、

この今年の冬至はですね、2020年にむけての 3年間、現実的にも新しい世界が始まるスタートの日といわれています。

社会のシステムなども全く新しいものに変わっていく期間になるであろうといわれています。

私は思うのです。

一度きりの人生

どうせ生きるなら とことん自分を幸せにして 人生を謳歌して 生きたいと。

自分が幸せであることで自然と周りの人も幸せになる。そんな人生をおくりたいと

そのためには 時には 頑張ってもみるときも 努力してみる時期も 何にも手につかなくてダラッと ボケっとする時期があって イライラしてみたり、 自信をなくしてショボーンと どうしようもないときも 誰にも会いたくないときも ヤサグレル時期もあったり(*´-`)

それで良いんだと思います

例えば 人生って何て素晴らしいんだろう!!と思った翌日に大好きなあの人に振られても!!( ・∇・)

それは その時には見えなくても 全ての事は点と点で繋り いずれは線になり

全ては今この時に繋がっている。

人生はきっとそのように流れていくものだと。

ただ、今目の前に起こってる事を全て良しとして受けとめる。

長くなりましたが、今日は2020年に向けて今日からの三年後には自分はどのようになっていたいか大きな 目標を立て そこにワクワクをのせていくととても良い日です! というお話でした

そして今日は今お世話になっております行啓通商店街の有名な仕出しお弁当のお店の会長さんに一足早いですがクリスマスパーティーお呼ばれしました!

とってもあったかい飾り付けにホッコリ
お寿司に鯛の姿造り 会長お手製のサンドイッチ☆
食べるの夢中で写真とるの忘れました。。

そんなこんなで私はとっても素敵な冬至を迎えました☆